1995年に放映された『重甲ビーファイター』は、『宇宙刑事ギャバン』(82年)を第1作とする「メタルヒーロー」シリーズの14作目にあたる。
アンドロイドやレスキューポリスなど、毎回新機軸を打ち出してきたこのシリーズだが、『ビーファイター』では子供たちに不変の人気を誇る「昆虫」をモチーフにした意欲作となった。
作品の世界観を決定付ける第1,2話の監督は『宇宙刑事シャイダー』(84年)の澤井信一郎。
ひさびさにヒーロー作品に帰ってきた巨匠が演出する異次元の敵・ジャマールの不思議な世界は必見!イケメンヒーローのさきがけとも言える土屋大輔が主役のブルービートを演じ、そのライバルとして双子の弟・圭輔がブラックビートの正体・シャドーとして登場する趣向は、女性ファンを熱狂させた。
また『釣りバカ日誌』や『学校の怪談』などで知られる名バイプレーヤー笹野高史が、実に温厚かつ庶民的な向井博士役でレギュラー出演し、独特な科学者像を披露しているのも見どころの一つ。
『仮面ライダーBLACK』(87年)の音楽スタッフ(主題歌作曲・宇崎竜童、作詞・阿木耀子、音楽・川村栄二)がふたたび結集しているのも大きな話題となった。
■キャスト: 土屋大輔、金井茂、巴千草、笹野高史、高橋利道
■スタッフ: 原作:八手三郎 プロデューサー:梶淳 (テレビ朝日)、堀長文(東映)、日笠淳(東映) 脚本:扇澤延男、宮下隼一、鷺山京子、浅香晶 監督:渡辺勝也、坂本太郎、三ツ村鐵治、金田治、石田秀範 特撮監督:尾上克郎 音楽:川村栄二 ■初回特典: ●解説書(8P) ※解説書は限定生産品です。在庫がなくなり次第、通常の仕様での販売となります。