【解説】
第88回アカデミー賞外国語映画賞の日本代表に選出されるなど、多数の映画賞を席巻した『百円の恋』から6年。監督・武正晴、脚本・足立紳をはじめとする製作陣が、再びボクシングを題材に不屈のルーザーたちへ捧げる挽歌を作り上げた。
主人公・末永晃を演じるのは、俳優のみならずダンサーとしても国内外での活躍の場を広げる森山未來。持ち前の身体能力の高さに加え、プロ顔負けのストイックなトレーニングを経て迫真のボクシングシーンに挑んだ。若きボクサー・大村龍太に扮したのは、北村匠海。ダークな雰囲気を滲ませ、過去に秘密をもつ龍太の心の陰りを表現。徹底した筋力トレーニングを行い、スピードを武器にした躍動的なボクサーを演じている。芸人ボクサー・宮木瞬を演じるのは、勝地涼。芸人くずれのチャラさを表現する一方で、“親の七光り”という汚名返上を誓い、ボクシングに打ち込む覚悟をメリハリの効いたギャップで魅せる。このほか、水川あさみ、瀧内公美、冨手麻妙、萩原みのり、熊谷真実ら実力派女優陣が、リングへと向かう男たちの物語に彩を添え、風間杜夫、柄本明らベテラン勢が、奥行きのある実在感で作品を支える。
そして本作で、ルーザーたちのドラマをより一層盛り上げる主題歌「Flowers」を書き下ろしたのは、人気シンガーソングライターの石崎ひゅーい。登場人物の心情を代弁するかのように紡がれる歌詞と石崎の歌声は、男たちが繰り広げた激闘の余情となって心に突き刺さる。
“かませ犬”の牙は思いのほか鋭く荒々しい。咬みついたら二度と離れない。映画『アンダードッグ』が、ついに檻から放たれる!

【ストーリー】
ボクサーとしての最初で最後の大舞台、日本タイトルマッチから7年。敗れはしたものの、自らの栄光としてしがみつく末永晃(森山未來)は、今では場末のデリヘルの運転手として日々を無為に消化しながら、無様な“かませ犬”としてリングに立ち続けていた。
愛想をつかした妻の佳子(水川あさみ)は息子の太郎(市川陽夏)を連れて家を飛び出し、晃は生きる意欲を失くした借金まみれの父・作郎(柄本明)との二人暮らしの“負け犬”生活を送っていた。
あるとき、デリヘル店に幼い娘・美紅(新津ちせ)を連れたシングルマザーの明美(瀧内公美)が入店する。腐れ縁の店長・木田(二ノ宮隆太郎)から送迎を頼まれた晃は、ほかのデリヘル嬢とは違う陰りを帯びた明美に惹かれていく。明美の客としてついたのは、豪奢な邸宅に母親(秋山菜津子)と暮らす男・田淵(上杉柊平)。かつては筋金入りのワルだったが、喧嘩が原因で半身不随となり、車椅子生活を余儀なくされていた。田淵は明美をいたく気に入り、晃はそんな二人がコトに及ぶ姿を覗き見してどす黒い欲望を放出していた。
いつものように人がはけた夜のジムでサンドバックを叩いている晃に、腕にタトゥーを入れた青年・龍太(北村匠海)が声をかけてくる。プロテストのためトレーニング中の龍太は、7年前の日本タイトルマッチで晃の試合を見ていたといい、その後もなにかと晃を気にかける。
珍しくジムの会長から呼び出しを受けた晃は、4ラウンドのエキシビジョンマッチへの出場を打診される。対戦相手は、著名な俳優・幸三郎(風間杜夫)を父に持つお笑い芸人の宮木(勝地涼)。親の七光りと揶揄され、芸も半端な二世タレントだ。試合はバラエティ番組の挑戦企画として実施され、ボクシング未経験の宮木は芸能界引退をかけて戦う。周囲からはまったく相手にされない宮木だったが、唯一心を許す恋人・愛(冨手麻妙)だけは、この試合にすべてを賭ける宮木の不退転の思いを感じ取っていた。
晃は宮木との試合を渋々受けることにする。しかも前座試合は龍太のプロデビュー戦だ。ところが晃は番組側からある提案を受ける。それは八百長試合の指示だった…。

【公開日】2020年11月公開

【コピーライト】(C) 2020「アンダードッグ」製作委員会


 
■キャスト:
森山未來、北村匠海、勝地涼、瀧内公美、熊谷真実、水川あさみ、風間杜夫、柄本明

■スタッフ:
監督:武正晴
原作・脚本:足立紳
音楽:海田庄吾
主題歌:石崎ひゅーい「Flowers」(Sony Music Labels Inc.)

■映像特典:
◆TRAILER(予告、特報)

■スペック
COLOR/131分/1.主音声:ドルビー5.1ch/片面2層/16:9 LB

関連商品