【解説】
怪奇・幻想・耽美の極致を追い続けた江戸川乱歩の作品「パノラマ島奇談」「孤島の鬼」などを題材に、鬼才・石井輝男監督がより一層の恐怖感を加味しながら、日本海に浮かぶ孤島を舞台にしたミステリーに脚色。
能登半島に長期ロケーションを敢行し、裏日本の風光を丹念に取り入れ、妖気迫る雰囲気を盛り上げて描いた衝撃作。

精神病院に監禁された医大生・広介は、幻覚の中で、聞き覚えのある子守唄を耳にし、その唄を追って病院を脱走。
唄の主は曲馬団の美少女・初代だった。
だが初代は広介の目の前で何者かに殺されてしまう。
広介は、子守唄の謎を解くべく北陸へと向かうが……。
そこで出会った衝撃の光景。
北陸の孤島に秘められた恐るべき事実とは?
アンダーグラウンド芸術の雄・土方巽と暗黒舞踏塾が繰り広げる、めくるめく乱歩猟奇の世界。
石井輝男監督が再度注目を集めるきっかけとなった作品でもあり、熱狂的なファンを得ながらも長らくソフト化されていなかった話題の作品が、ついに日本で初めてソフト化される!

【公開日】1969年10月公開

【コピーライト】(C)東映
【特典】
映像特典:
●予告編

【スタッフ&キャスト】
キャスト:
吉田輝雄、賀川雪絵、小池朝雄、大木実、土方翼と暗黒舞踏塾

原作:江戸川乱歩
企画:岡田茂、天尾完次
脚本:石井輝男、掛札昌裕
撮影:赤塚滋
音楽:鏑木創
監督:石井輝男

【スペック】
カラー99分/1.主音声:モノラル/片面1層/16:9 LB(シネスコ)