仇討崇禅寺馬場

 

仇討崇禅寺馬場

4,950(税込)
          

商品コード:DSTD20587

  

発売日:2022年3月9日

         

予約期間:2021年12月03日10時00分~   

■発売日配達締切日:2022年1月31日までに予約頂いた場合は最短で発売日にお届けいたします。

※予約商品の注文はクレジットカード、代金引換のみ対応しております。

数量

【解説】
慶長十年から元治元年までの二百六十五年間、“仇討”の記録百十件のうち、“返り討”となった僅か三件の中でも特に有名な逆縁仇討の物語。マキノ雅弘監督が、暗澹たる世界に挑んだ異色の野心大作である。
正徳五年、風薫る晩春の大和・郡山城。本多家武術師範・生田伝八郎は、藩主・本多忠直が開催した武芸大会で若輩の宗左衛門に判定負けを喫し、お役御免となる。妻と養父に非情な態度で家を追い出された伝八郎は、傲然と勝ち誇る宗左衛門に侮辱を受け、武士の意地と斬り捨て難波へ去る。
難波・沖仲士の頭・万造のもとで働く伝八郎に「宗左衛門の兄弟が仇討に向かう」という報が届く。藩主の虚栄に不憫と思い討たれることを決意した伝八郎は、早暁の崇禅寺に行く。だが、伝八郎に恋心を抱く万造の娘・お勝が集めた人足達に兄弟は無残な返り討ちとなる。そして伝八郎の二番手討ち手として養父が現れる。
主演・大友柳太朗が、武士の意気地と女心の一途さに挟まれ、最後には狂乱してしまう悲運の男・伝八郎を熱演。

【公開日】1957年6月公開

【コピーライト】(C) 東映
 
■キャスト:
大友柳太朗、千原しのぶ、堀雄二、進藤英太郎 ほか

■スタッフ:
原案:山上伊太郎
企画:大森康正
脚本:依田義賢
撮影:伊藤武夫
音楽:鈴木静一
監督:マキノ雅弘

■スペック:
B/W/92分/1.主音声:モノラル/片面1層/16:9 LB(シネスコ)