【解説】
昭和初期、兄貴分の妹と駆け落ちした主人公が、その幸せもつかの間、愛する妻に死なれて一人息子を連れて旅を続けるが、恩義ある親分が殺されたのを知り、幼い子どもと彼を慕う娘をふり切って、仇討ちのために単身殴り込む!
主演の高倉健が、見事なドスさばきを魅せながら、テキ屋魂を画面いっぱいに叩き付ける任侠娯楽大作。メガホンをとる小沢茂弘監督が、渡世の義理と人情の板ばさみに苦悩する男の哀愁や、人情の機微を描き出した意欲作。

【公開日】1970年7月公開

【コピーライト】(C)東映

 
■キャスト:
高倉健、藤純子、浜木綿子、藤山寛美、嵐寛寿郎

■スタッフ:
企画:俊藤浩滋、日下部五朗
脚本:大和久守正
撮影:山岸長樹
音楽:渡辺岳夫
監督:小沢茂弘

■映像特典:
◆予告編

■スペック:
COLOR/96分/1.主音声:モノラル/片面1層/16:9 LB(シネスコ)

関連商品