幕末の動乱に、醜く狼狽する裏切り者
【第15話「脱走」】
北辰一刀流の剣客・伊東甲子太郎が弟子たちをつれて入隊した。同門の山南敬助は、共に国事に尽くそうと言われる。新撰組の方針に疑問を抱いていた山南だったが、伊東にも共感できなかった。そんなとき山南は沖田が不治の病であることを知る。その夜、山南は隊を抜けた。彼を追ってきたのは、なんと沖田だった。追っ手がきたら斬ろうと思っていた山南だったが、彼は静かに剣を置くのだった。
第15話ゲスト
伊東甲子太郎・原田甲子郎、お悠・鈴村由美
監督:河野寿一/撮影:羽田辰治
【第16話「襲撃木屋町二条」】
新しく隊士を募るために、井上源三郎は八方に足を運んでいた。そうして集めた中に若い牧兵馬がいた。まもなく実践の訓練で戦いに参加した兵馬は、瀕死の敵にとどめをさすことを拒み、謹慎処分を受ける。井上は兵馬に名誉回復の機会を与えようと、木屋町二条にひそむ浪士の襲撃に加えた。浪士たちは鉄砲を撃ちかけてきた。功をあせった兵馬は、その弾の中に飛び出してゆく。
第16話ゲスト
牧兵馬・富川澈夫、大石鍬次郎・林彰太郎/監督:高見育男/撮影:柾木兵一
【第17話「鴨川銭取橋」】
長沼流軍学を修めた武田観柳斎は、隊で兵法指南にあたっていたが、幕府がフランス式調練をとりいれたため焦っていた。そんな時、平隊士の一人が斬殺される事件がおきた。調べていくうち、武田の名前が出た。どうやら薩摩藩と内通しているらしいが、証拠がない。そこで土方は一計を案じた。罠にかかった武田は慌てて行動を起こす。しかし、沖田と斎藤に、銭取橋まで追いつめられるのだった。
第17話ゲスト
武田観柳斎・陶隆、おそめ・富永佳代子/監督:河野寿一/撮影:平山善樹
【第18話「油小路の決闘」】
伊東甲子太郎の親友・篠原泰之進は明るく磊落な性格で隊内でも人気があった。伊東は、篠原が承知すれば新撰組を離れたいと思っていた。そんなとき篠原が法度違反を犯し、ついに伊東一派は隊から分離する。倒幕派となった伊東を新撰組は暗殺し、遺体を油小路に運び、伊東一派をおびきよせるが、駆けつけた中に藤堂平助もいた。皆は藤堂を逃がそうとするが、土方の剣がそれを許さなかった。
第18話ゲスト
伊東甲子太郎・原田甲子太郎、篠原泰之進・穂高稔/監督:河野寿一/撮影:平山善樹
(S40.7.~S41.1.NET「現・テレビ朝日」系放送)
土方歳三…栗塚旭、近藤勇…舟橋元、沖田司…島田順司、斎藤一…左右田一平、山南敬助…早川研吉、藤堂平助…国一太郎
■キャスト:
栗塚旭、島田順司、舟橋元、左右田一平

■スタッフ:
原作:司馬遼太郎/企画:上月信二(NET:現・テレビ朝日)、田村嘉(東映)/脚本:結束信二/音楽:渡辺岳夫/擬斗:上野隆三

■映像特典:
◆名場面集

■スペック:
B/W/206分/1.主音声:モノラル/片面2層/4:3/4話収録