【解説】
2016年、仮面ライダー生誕45周年を飾った企画として、あの男が再び主演として帰ってくる。伝説の戦士・仮面ライダー1号こと、本郷猛だ。第1作『仮面ライダー』に主演し、それをきっかけにスター街道を歩んでいった藤岡弘、。その藤岡が全身全霊で演じる「その後の本郷猛」に、注目せずにいられない。共演は『仮面ライダーゴースト』レギュラーメンバーをはじめ、物語の鍵を握る美少女・立花麻由に岡本夏美、猛の永遠のライバル・地獄大使に大杉漣といった布陣。本作のためにリニューアルされた1号の姿や、新たに登場する組織・ノバショッカーの脅威も、大きな見どころとなっている。戦い続けてきた本郷猛を待つものは安らぎか、それとも――。究極のヒーロー「仮面ライダー1号」の勇姿を目撃せよ!

【ストーリー】
1971年、男は悪の秘密結社ショッカーの手で改造人間にされた。その日以来、人間の自由を守るため、男は戦い続けている。彼の名は、本郷猛。この世に誕生した、最初の仮面ライダーである。長年、海外で悪と戦ってきた猛は、ひとりの少女の危機を知り、急遽帰国する。ショッカーが狙ったのは、女子高生・立花麻由。彼女の存在が、かつての最高幹部・地獄大使を復活させるために不可欠なのだ。猛は、ショッカーが麻由を狙う理由を探っていた仮面ライダーゴースト=天空寺タケルや、その仲間たちと出会う。3年ぶりに猛との再会を果たした麻由は、猛への複雑な思いを抱えつつも、少しずつ心を開いていく。しかし、過酷な日々を過ごしてきた猛の肉体は、すでに限界へと近づいていた。なおも麻由を狙い襲い来る、ショッカー怪人たち。その一方で、ショッカーを裏切ったウルガ、イーグラ、バッファルの3人は、新たな組織・ノバショッカーを結成し、恐るべき作戦を始動させていた。麻由の危機、そして日本の最大の危機に、伝説の戦士・本郷猛が「変身」する。命を、愛を、未来へつなぐために。

【公開日】2016年3月公開

【コピーライト】
(C) 2016「仮面ライダー1号」製作委員会  (C) 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

 
■キャスト:
藤岡弘、
西銘駿 岡本夏美
阿部力 長澤奈央 武田幸三
大沢ひかる 山本涼介 柳喬之
岩崎う大(かもめんたる) 槙尾ユウスケ(かもめんたる)
(声の出演)飯塚昭三 悠木碧 関智一 石井康嗣
竹中直人 / 大杉漣

■スタッフ:
原作:石ノ森章太郎 企画:藤岡 弘、 
監督:金田 治(ジャパンアクションエンタープライズ) 脚本:井上敏樹
音楽:坂部 剛 鳴瀬シュウヘイ 中川幸太郎 
アクション監督:竹田道弘 (ジャパンアクションエンタープライズ) 
特撮監督:佛田 洋(特撮研究所)

■映像特典:
◆TRAILER

■スペック:
COLOR/96分/リニアPCM(5.1ch)/1層/16:9【1080p Hi‐Def】