犬神の悪霊

犬神の悪霊

3,080(税込)
          

商品コード:DUTD02706

  

発売日:2021年7月14日

    

予約期間:2021年04月27日10時00分~   

2021年6月8日までに予約頂いた場合は最短で発売日にお届けいたします。

※予約商品の注文はクレジットカード、代金引換のみ対応しております。

数量

最初の叫びが村をつん裂いてから次々と恐ろしい《何か》が起こったーーそしてラスト…あなたは声まで奪われる!
あどけなく美しい少女の瞳も、長閑な村の不吉な前兆だったのか…。「エクソシスト」「オーメン」「キャリー」を超えて鬼才伊藤俊也監督が挑む日本初のオカルト戦慄!!
1970年代のオカルト映画ブームを受けて、鬼才伊藤俊也監督が「女囚さそり けもの部屋」以来4年ぶりに満を持して挑んだ意欲作。日本各地に残る犬神憑きや狐憑き伝説。その憑き物を代表する“犬神憑き”に題材を取って、現代の都会と山村で次々と起る怪奇現象と、取り憑く身の毛もよだつ恐怖を、リアルで大胆な映像感覚で描いたカルト的名声高いホラー大作。とくに犬神が可憐な少女に憑依して天空を疾駆する息もつかせないバトルは見応え十分である。
ウラン技師・加納竜次は同僚の西岡と安井と共にウラン鉱探索のために久賀村を訪れた。その時ジープが何かに反応し、ハンドルをとられて小さな祠を壊してしまった。突如、犬がジープに吠えかかり、避けそこなった車輪は犬を巻き込んでしまう。その帰途の山間で加納は湯浴みしていた剣持麗子と垂水かおりに出会い、その一年後、麗子と結婚する。披露宴が東京で行われ、その会場で西岡が発狂して自殺する。西岡の葬儀の日に、今度は安井が野犬の群れに襲われて死亡する。麗子は久賀村の壊された祠や親友のかおりが竜次に惚れている事を知り、これは犬神の祟りだと直感する。麗子は古来から伝わるお守りを竜次の首に掛けて必死に祈るが、次第に麗子の精神は異常をきたしていく。現代医学でも治療できず、止む無く竜次は麗子の実家へ帰郷する。犬神憑きと断定された麗子は、憑き物落しの祈祷師の責め苦に耐え切れずに息を引取る。この麗子の死に久賀村で犬神憑きの家系として忌み嫌われていた垂水家は村人達の憎悪の集中砲火を浴びる。さらにウラン鉱採掘で使った硫酸が、久賀村の水源に流れ込み村人に死者がでた。村人たちはそれを犬神=垂水家の仕業だと思い込み垂水家を襲撃する。留守でその場にいなかった主人隆作は助かるが、妻君代、娘かおり、息子勇が惨殺された。隆作は犬を土中に埋めて、呪いとともに犬の首を刎ねると、宙を飛ぶ犬の首が隆作の喉笛に深々と咬みついた。そしてその瞬間、雷鳴が轟き、麗子の妹磨子に犬神が憑依、村人たちへの復讐が始まった。月夜に影を映して小さな魔物が跳梁跋扈する…。
出演は大和田伸也、岸田今日子、小山明子、室田日出男、鈴木瑞穂、白石加代子、小林稔侍、小野進也の個性派演技陣に、泉じゅん、山内恵美子のフレッシュ女優の熱演、そして二千人の候補者から選ばれた子役・長谷川真砂美に目を奪われる豪華布陣。伊藤俊也監督が脚本も担当し、撮影はベテランの仲沢半次郎、音楽は菊池俊輔、編集は戸田健夫のベストスタッフを揃えている。(昭和52年6月公開 東映東京作品)
■キャスト:
大和田信也、山内恵美子、長谷川真砂美、泉じゅん、三谷昇、小野進也、小林稔待、白石加代子、川合伸旺、三重街恒二、相馬剛三、加藤敦也、伊藤高、河合絃司、鈴木瑞穂、室田日出男、岸田今日子、小山明子

■スタッフ:
企画:天尾完次、安斉昭夫/脚本:伊藤俊也/撮影:仲沢半次郎/美術:桑名忠之/音楽:菊池俊輔/監督:伊藤俊也

■映像特典:
◆フォトギャラリー 
◆予告編

■スペック:
COLOR/103分/1.主音声:モノラル/片面1層/16:9 LB(シネスコ)

関連商品

  • 怪猫トルコ風呂[R‐15+]

    ¥4,950(税込)

    【解説】 昭和33年4月1日に売春防止法が施行され、吉原遊...

  • 怪猫 呪いの沼

    ¥3,080(税込)

    身ぶるいする妖気!血をふく生首!女体を喰う呪いの猫!狂乱凶刃...

  • 怪談 蛇女

    ¥3,080(税込)

    私の顔をみてごらん あッ花嫁の裸身に銀色のうろこ!凄惨!蛇の...