冷飯とおさんとちゃん

冷飯とおさんとちゃん

3,080(税込)
          

商品コード:DUTD02617

  

発売日:2021年7月14日

    

予約期間:2021年04月27日10時00分~   

2021年6月8日までに予約頂いた場合は最短で発売日にお届けいたします。

※予約商品の注文はクレジットカード、代金引換のみ対応しております。

数量

【解説】
三つの話に涙して、笑いながら味わう素晴らしい感動。美しい娘に一目惚れした旗本の四男坊が趣味で集めた古文書でお上に召抱えられめでたく娘と結ばれる「冷飯」。肉体的奇癖を持つ女房から逃げるように旅に出た大工が、旅先で女房が恋しくなり江戸中を探し歩く「おさん」。売れない火鉢職人が、女房子供や飲み屋の女将の暖かい人情に励まされて精を出す「ちゃん」。原作・山本周五郎、名優・中村錦之助、巨匠・田坂具隆がふたたび挑んだ人間の善意と暖かい心の触れ合いを描いた感動大作。

泣きながら、笑いながら味わう素晴らしい感動!人間の善意を美しく謳い上げる巨匠田坂具隆監督の野心大作!日本人の心の故郷といわれる山本周五郎文学に挑む巨匠田坂具隆監督と名優錦之助の江戸人情に生きる朝と昼と夜の顔。
「ちいさこべ」に続く原作・山本周五郎、監督・田坂具隆、主演・中村錦之助のトリオが織り成す感動のオムニバス。旗本四南房が一目惚れの恋を実らせるまでをユーモラスに描いた「冷飯」。女の業の哀しい宿命を情感豊かに描いた「おさん」。貧しさに負けず、明るく楽しく暮らす一家6人の絆を描いた「ちゃん」の三つの話からなっている。人間の善意を守ろうとする人々の温かく美しい心の触れ合いが普遍のテーマである山本周五郎の世界を、巨匠田坂具隆監督と名優中村錦之助が美しく謳い上げた佳作。
いつもの時間、いつもの場所で大四郎は待つ。やがて定刻違わず美しい娘が通る。古文書漁りに立ち寄った古本屋の店先で、ふとすれ違った美しい娘に一目惚れした旗本の冷飯食いの四男坊・大四郎は、無役軽輩なる身上にその娘を諦めようとする。ところが趣味で集めた古文書がもとでお上の目に止まり、大四郎は古文書鑑識保管係として召し抱えられることとなって、めでたく一目惚れの娘と結ばれる『冷飯』ーー。惚れ合った仲だった。夜、大工の参太の腕の中で恍惚としたおさんの口から出る男の名は、参太が知らない男だった。肉体的な奇癖を持つ女房にほとほと手を焼いて逃げるようにして旅に出た参太が、旅先の宿の女中に惚れられて接するうちに女房が恋しくなり、飛ぶように江戸に帰ってきたがおさんはいなかった。参太は江戸中を探し歩くが、男を渡り歩いたおさんは殺されていたという『おさん』ーー。重吉は二百年の伝統を持つ五桐火鉢造りに大きな誇りを持っていた。しかし時勢に外れた火鉢は売れず、重吉一家は苦しかった。職人気質に徹する重吉は、貧困生活に耐えかねて友人に奨められて職替えをしようとするが、女房子供や飲み屋の女将の温かい人情に励まされながら火鉢造りに黙々と精を出す『ちゃん』ーー。
出演は中村錦之助を中心に、『冷飯』は小沢昭一、河原崎長一郎、千秋実、入江若葉、宮園純子、木暮実千代。『おさん』に三田佳子、新珠三千代、大坂志郎。『ちゃん』に三木のり平、森光子、渡辺美佐子等、映画演劇界の人気実力演技派揃いの豪華キャスト。中村錦之助が三話に出演し、若侍、大工、職人の三者三様を誠実に演じる技量の高さは感動的で、それぞれ優しく柔らかい人情の機微が泣き笑いを誘い、温かく胸に沁みる人情噺の名篇。(昭和40年4月公開 東映京都作品)
■キャスト:
中村錦之助、入江若葉、新珠三千代、入江若葉、宮園純子、河原崎長一郎、渡辺美佐子、木暮実千代、森光子、千秋実、小沢昭一、大坂志郎、三木のり平

■スタッフ:
原作:山本周五郎/企画:岡田茂、小川三喜雄、三村敬三/脚本:鈴木尚之/撮影:飯村雅彦/美術:鈴木孝俊/音楽:佐藤勝/監督:田坂具隆

■映像特典:
◆フォトギャラリー 
◆予告編 
◆特報

■スペック:
COLOR/177分/1.主音声:モノラル/片面2層/16:9 LB(シネスコ)