【解説】
快適なおひとりさまライフに慣れ過ぎて、脳内に優秀な(?)相談役“A”が誕生した主人公=みつ子、31歳。会社ではちょっと変わり者だけど気の合う先輩に恵まれ、長らく彼氏は不在でも充実のソロ活を無理なくエンジョイ。居心地のいい自分だけの部屋に帰れば、ムダにいい声のAとの会話に忙しい。何かが足りないのは分かっているけど、決定的に不足しているものもない。そんなみつ子のゆるゆるとした日常に突如舞い降りた、久々の恋!
相手は真面目過ぎるくらい真面目な年下の営業マン=多田くん。でも20代の頃のようには進まない、30歳を超えた女のもどかしい現実が立ちはだかり……。おひとりさまヒロイン=みつ子の恋の行方は――?

第33回東京国際映画祭TOKYOプレミア2020において、映画祭唯一の賞となった「観客賞」を受賞!令和を生き抜く女子達に容赦なく突き刺さる現実を描きながら、観た者のハートをがっちりつかんだ、この崖っぷちロマンスを創りあげたのは『勝手にふるえてろ』の原作:綿矢りさ、監督・脚本:大九明子のゴールデンコンビ! そして、時にやさぐれ、時に激しく吠えながら、妙齢女性のおかしみ全開なヒロイン・みつ子を、伝説の朝ドラで全国民を魅了したのんが、たまらなくキュートに大熱演している。おひとりさま慣れしたみつ子の心を優しく溶かしていく腹ペコ年下男子・多田くんを、端正なルックスと硬軟演じ分ける確かな実力で人気がさらに過熱している林遣都が演じ、みつ子に抜群の安心感を与える心の声・相談役“A”をその卓越した演技力で日本中を虜にする中村倫也が、声のみの出演ながらスマートに演じきっている。また、のんとは朝ドラ以来待望の共演となる橋本愛や、臼田あさ美、片桐はいりといった実力派の個性的な役者陣が脇を固めているほか、本作が映画初出演となる若林拓也が存在感を発揮している。

【公開日】2020年12月公開

【コピーライト】(C) 2020『私をくいとめて』製作委員会

 
■キャスト:
のん 林遣都 臼田あさ美 若林拓也 前野朋哉 山田真歩 片桐はいり/橋本愛 中村倫也

■スタッフ:
原作:綿矢りさ「私をくいとめて」(朝日文庫/朝日新聞出版刊)
監督・脚本:大九明子 
音楽:髙野正樹
劇中歌:大滝詠一「君は天然色」(THE NIAGARA ENTERPRISES.)

■映像特典:
◆特報
◆予告
◆WEB用特別映像
◆東京国際映画祭 舞台挨拶

■スペック
COLOR/134分/1.主音声:ドルビー5.1ch 2.バリアフリー日本語音声ガイド:ステレオ/片面2層/16:9 LB