未来ロボ ダルタニアス 一挙見Blu-ray VOL.1

未来ロボ ダルタニアス 一挙見Blu-ray VOL.1

11,000(税込)
          

商品コード:BSTD20409

  

発売日:2021年3月10日

    

予約期間:2020年12月18日00時00分~   

2021年2月1日までに予約頂いた場合は最短で発売日にお届けいたします。

数量

【解説・ストーリー】
『超電磁ロボ コン・バトラーV』、『超電磁マシーン ボルテスV』、『闘将ダイモス』に続く
長浜忠夫監督によるロボットアニメシリーズの最後を飾る作品。(但し長浜監督がシリーズ中盤で降板したため、佐々木勝利がその後を引き継いだ。)
西暦1995年。地球はザール星間帝国の攻撃により、その占領下にあった。楯剣人をはじめとする戦災孤児たちは、荒廃した世界でたくましく生きていたが、ある日、剣人と相棒の弾児は、宇宙船アダルスを発見。搭乗者のアール博士から、巨大ロボット、ダルタニアスのパイロットに任命される。シリーズ前半は、剣人をはじめとする子供たちのバイタリティーと、ダルタニアスを造ったエリオス帝国皇帝の末裔だと判明した剣人が、王家再興継承問題に振り回される姿をコメディー調に展開。後半はエリオス帝国の歴史の暗部に端を発するクローン人間の悲劇を、敵司令官クロッペンやザールの帝王ドルメンを通じて描き出すシリアスな大河ドラマへと移行した。主役ロボットのダルタニアスは、人間型ロボット(アトラウス)、戦闘機(ガンパー)、サイボーグライオン(ベラリオス)というまったくモチーフが異なる3体合体を採用。ライオンのマスクが胸部となるアイデアはこのダルタニアスが初であり、その意匠のインパクトは後継作品の合体ロボットデザインにも大きな影響を与えている。封入特典のブックレットには発掘された設定資料を掲載!  

【放送期間】
1979年3月~1980年3月テレビ東京系にて放送

【コピーライト】
(C) 東映
 

■初回特典:
◆ブックレット(予定)
※初回特典は限定生産品です。在庫がなくなり次第、通常の仕様での販売となります。

COLOR/562分/1.ドルビーデジタル モノラル /2層/4:3【SD480i】 /23話収録