【解説】
2005年放送当時、深夜枠ながら大きな話題を呼んだ、田?竜太監督、初総監督オリジナル作品!高視聴率を記録し続けた「平成ライダーシリーズ」のスタッフが総集結した、伝説の深夜番組!

舞台は、渋谷のようであって渋谷ではない、バーチャル世界《シブヤ》。
この《シブヤ》に入り込んでしまったツヨシが目にする、少年・少女グループたちの抗争と謎の生命体・ピースとの戦い。
そして、唯一ピースと戦う力を持つ少女エマ。
一体この《シブヤ》は何なのか?なぜエマにだけそうした能力があるのか?物語はこの2つの謎を軸に、ツヨシとエマ、現実からもシブヤからも、二重に疎外された15歳たちの《シブヤ》での戦いを追い、予想だにしない展開で進んでいく・・・。

出演者も、「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」シリーズや「逃げるは恥だが役に立つ」などの人気&話題作に数多く出演する新垣結衣を筆頭に、男役として主人公の少年ツヨシを演じハードなアクションまでこなした悠城早矢(「ダンドリ。
~Dance☆Drill~」「こわい童話」)、シブヤのチームのリーダーとゴスロリ少女の2役を演じた芳賀優里亜(「仮面ライダー555(ファイズ)」「マスター・オブ・サンダー 決戦!!封魔龍虎伝」)ら、脇を固める共演陣も「平成ライダー」シリーズの人気役者が勢揃い!
そして、「Sh15uya─シブヤフィフティーン─」を語るうえで外せないのがアクション!「仮面ライダー THE NEXT」「スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ」「牙狼」なども手がけ、日本のアクションシーンを大きく変えた横山誠アクション監督のアクション設計は深夜ドラマとは思えない迫力がある。
特に、ドラマ初出演ながらワイヤーアクションをこなした新垣結衣には驚かされる。
本作以外では絶対に見せないクールでかっこいいガッキーの魅力が満載!
渋谷ロケによるストリート感に、VFXを駆使した、バーチャル世界《シブヤ》の街並みと戦闘アクションによる映像、そして衝撃のストーリーが融合。
ドラマ・映画界で活躍する一級スタッフ・キャスト陣が集結した、現在では実現が難しいであろうテレビドラマが、今よみがえる!!
誰もがこの作品が形作る奔流に飲み込まれ、そして、この物語の結末に驚愕する。


【ストーリー】
どこか不気味な街。
その路地裏で15歳の少年ツヨシは目を覚ます。
「シブヤから出ろ レヴ」と血文字で書かれた紙切れが口の中に入っていた――ここは、知っているような知らない街《シブヤ》である。

ツヨシと同じく15歳の少年・少女ギャンググループたちによる通りや坂ごとの縄張り争い。
《ピース》と呼ばれる謎の生命体が、特定の15歳に狙いをつけてその子供を殲滅、それを諦めと無関心をもって受け止めている他の子供たち。
そして、自分の体に武具を装備――《マージ》――して《ピース》と戦い、相手を倒すことができる不思議な少女エマの存在。

ツヨシはなぜここにいるのか?エマはいったい何者なのか?2人は、少年グループたちや生命体ピースと戦いながら、《シブヤ》の謎を解き明かすための戦いに乗り出していく…。


【コピーライト】(C) 2005 東映ビデオ

【放送期間】2005年1月~3月テレビ朝日放送
■キャスト: 悠城早矢、新垣結衣、芳賀優里亜、山下亨、植原卓也、唐橋充、弓削智久
■スタッフ: 総監督:田?竜太/脚本:米村正二/監督:田?竜太・鈴村展弘/音楽:?島邦明/歌:小枝(コロムビアミュージックエンタテインメント)/アクション監督:横山誠(AAC STUNTS)/VFX:小林真吾(スタジオ・ガラパゴス)/衣裳プロデュース:遠藤憲昭(デビロック)/キャラクターデザイン:篠原保/プロデュース:加藤和夫(東映ビデオ)・松田佐栄子(テレビ朝日)・矢田晃一(東映エージエンシー)・白倉伸一郎・武部直美(東映)■映像特典: DISC1 ◆PR・スポット・クリップ集 ◆ゲストコーナー ◆白倉プロデューサー秘蔵写真館 DISC2 ◆ツヨシ・エマ・アサギ三人娘トーク ◆ゲストコーナー ◆白倉プロデューサー秘蔵写真館 DISC3 ◆「ホール」特集 ◆ゲストコーナー ◆白倉プロデューサー秘蔵写真館 DISC4 ◆2005.4.24全話上映イベントダイジェスト ◆ゲストコーナー ◆白倉プロデューサー秘蔵写真館
■音声特典: ◆コメンタリー DISC1 【Face.01】田?監督【Face.02】白倉プロデューサー【Face.03】鈴村監督 DISC2 【Face.04】鈴村監督【Face.05】横山アクション監督【Face.06】田?監督 DISC3 【Face.07】鈴村監督【Face.08】田?監督【Face.09】米村(脚本家) DISC4 【Face.10】小林VFXディレクター【Face.11】田?監督【Face.12】3/28公開生コメンタリー at 新宿ロフト・ネイキッド(田?監督、唐橋充、マーク武蔵、横山AC監督、小林VFXディレ クター、進行:山本麟太郎)