女を抱くよにドス抱いて!また来たぜ雪のふるふる北の果て
大雪原のド真ん中にドスの火柱うちたてる!エース高倉、人気シリーズ第7弾!!
高倉健と石井輝男監督がタッグを組み放つ、ご存知“網走番外地”シリーズ7作目。
囚人たちが雪ゾリで材木運びに励む雪深い網走。
その中に、橘真一の姿もあった。
ある日、ゴロツキの囚人・白熊が脱走。
看守の木暮は、脱獄の手引きを橘の弟分・秀がしたとして責め、拷問にかけて殺してしまう。
怒った橘は出所の日、秀の遺骨を納めた白木の箱を片手に木暮を滅多打ちにし、白熊を追った。
その頃、秀の故郷・ノサップでは、大石油資源が発見され、ゴールドラッシュさながらの賑わいを見せていた。
その大本が秀の父親・竜作と妹・千恵がいる小屋とあって、八人殺しの鬼寅の名を騙る権田が、暴力団を使って竜作らを脅迫。
権田こそ、白熊の父だった。
白熊と権田は、大石油資源を独占しようとしていたのだ。
それを知った橘は、ノサップへの道すがら出会った風来坊の吉岡、そしてホンモノ鬼寅の協力を得て、悪行を極める白熊と権田を大雪原に打ち砕く!高倉健を筆頭に、嵐寛寿郎、田中邦衛、由利徹、大原麗子らレギュラー陣に加えて、内田良平、吉田輝雄、小松方正らも出演。
雪を蹴散らし、スリルとスピードたっぷりの騎馬・列車アクションを展開させる痛快篇。
(昭和41年12月 東映東京作品)
【特典】
映像特典:
●予告編
●フォトギャラリー

【スタッフ&キャスト】
キャスト:
高倉健、嵐寛寿郎、田中邦衛、由利徹、佐山俊二、砂塚秀夫、吉野寿雄、関山耕司、内田良平、小松方正、上田吉二郎、沢彰謙、大原麗子、国景子、若水ヤエ子、吉田輝雄、山田甲一、久保比佐志、土山登志幸、水城一狼、小林稔侍、沢田浩二、日尾孝司、三重街恒二、亀山達也、伊達弘、黒沢妙子、田沼留美子

監督:石井輝男/企画:植木照男/原作:伊藤一/脚本:神波史男/撮影:稲田喜一/美術:藤田博/音楽:八木正生/助監督:野田幸男

【スペック】
COLOR/89分/1.主音声:モノラル/片面1層/16:9 LB(シネスコ)