泣かされるだけが、女じゃない。
「鬼龍院花子の生涯」、「陽暉楼」につづき宮尾登美子と五社英雄の名コンビで描く文芸感動巨篇。
大正初期から昭和十年代までの高知を舞台に、女衒(ぜげん)の妻として愛と悲しみの30年を生きぬく喜和。
十朱幸代の体当たりの演技が話題を呼んだ。
【特典】
■映像特典(フォトギャラリー/予告)

【スタッフ&キャスト】
■原作:宮尾登美子■脚本:高田宏治■監督:五社英雄■出演:緒形 拳/十朱幸代/真行寺君枝/名取裕子/石原真理子

【スペック】
カラー135分(本編)/ニュープリント・コンポーネントマスター/1.主音声:モノラル/片面2層/16:9 LB/1985年1月公開作品