実録やくざ映画の金字塔!広島やくざ・流血20年の記録
欲望!背信!そして復讐!そこに渦巻く男たちの想像を絶する激烈なドラマ!!

日本暴力団抗争史上、最も多くの血を流した“広島やくざ戦争”の渦中にいた元・美能組々長・美能幸三の獄中での手記をもとに、作家・飯干晃一が描いた実録ノンフィクションを映画化。
昭和二十二年、敗戦直後の広島県呉市を舞台に、背信、復讐、憎悪や欲望が渦巻く組織の中、やくざの垢にどっぷり浸かった主人公・広能昌三はじめ若い組員たちの苦悩や悲しみ、怒りを描きながら、実際に起こった抗争事件を生々しく再現していく。
深作欣二監督のバイオレンスの美学、主演・菅原文太をはじめ個性派俳優らの血気盛んな演技が衝撃を与えたシリーズ第一弾。
(1973年1月東映京都作品 99分)

【コピーライト】(C)東映

【劇場公開】1973年1月公開
【特典】
映像特典:
●劇場予告篇
●抗争関係図

【スタッフ&キャスト】
キャスト:
菅原文太、松方弘樹、渡瀬恒彦、伊吹吾郎、中村英子、川地民夫、名和広、内田朝雄、金子信雄、田中邦衛、梅宮辰夫

監督:深作欣二
企画:俊藤浩滋、日下部五朗
原作:飯干晃一
脚本:笠原和夫
撮影:吉田貞次
録音:溝口正義
照明:中山治雄
美術:鈴木孝俊
編集:宮本信太郎
音楽:津島利章

【スペック】
カラー99分(本編)/ニュープリント・コンポーネントマスター/1.主音声:モノラル(日本語)/片面2層/16:9 LB(シネスコ)/1973年1月公開作品