【解説】
 実写化不可能と言われた、累計320万部突破の人気ファンタジー小説『デルフィニア戦記』。
20年の時を経て、遂に、待望の舞台化!

 1993年に第1巻が刊行されて以来、今もなお絶大な人気を誇る茅田砂胡の人気ファンタジー小説『デルフィニア戦記』シリーズ。
魅力的なキャラクターが織りなす波乱万丈の冒険活劇は、これまでにもドラマCD、朗読劇、音楽祭、画集などさまざまなメディアで展開されてきた。
そして、20年の時を経て遂に、待望の舞台化が実現した。

 主演は『仮面ライダードライブ』で敵幹部を演じて話題を呼んだ蕨野友也。
蕨野演じるウォルの同盟者となるリィは『仮面ライダー鎧武/ガイム』などでアクションに定評のある佃井皆美が演じる。
またウォルの大切な同志ナシアスは『進撃の巨人』など話題作に多数出演している細貝 圭。
ベテラン勢の小林勝也、山本 亨などが脇を固め、物語に厚みを与えている。

 実写化不可能と言われた壮大な一大絵巻が、前代未聞の豪華俳優陣を迎え、今、開幕する!

【ストーリー】
 妾腹の出でありながら大国デルフィニアの王となったウォル。
しかし、突然ペールゼン侯爵を首魁とする改革派によって先王の嫡子暗殺の濡れ衣を着せられ追放されてしまう。

 流浪するウォルの命を狙って、次々と刺客が襲いかかる。
この襲撃の最中にウォルは謎の少女リィに助けられた。
リィは華奢な外見からは想像もできないほど凄腕の戦士で、両者は偶然の邂逅から共闘し仲間となっていく。

 だが、ペールゼン一派はウォルを孤立させるために、さらに非道の策をとるのだった。

「王冠も王座も今さらいらん。
喜んで人に譲ろう。
だが、俺にもひとつだけ譲れないものがある ―― ペールゼンの首だ」
 養父フェルナン伯爵を人質にとられ、圧倒的な力を持つ改革派に軍勢の解散を迫られ、悩み苦しみながらも闘い続けるウォルたち。

 寄辺のない戦士と異世界からの迷子という孤独な魂を持つ二人。
その出逢いが、王国の、そして大陸の歴史を大きく動かしていく……!


【公演日】2017年1月公演

【コピーライト】
(C)茅田砂胡(C★NOVELS/中公文庫)・舞台「デルフィニア戦記」製作委員会
【特典】
映像特典:
●SPECIAL INTERVIEW 蕨野友也×佃井皆美
●a day of backstage
●制作発表&舞台挨拶

【スタッフ&キャスト】
キャスト:
蕨野友也 佃井皆美 細貝 圭
山口大地 林 剛史 / 須藤公一 綾那 三田村賢二 大原康裕
大沢逸美 小林勝也 山本 亨

原作:茅田砂胡(C★NOVELS/中公文庫)
脚本・演出:児玉明子
音楽:未来古代楽団(砂守岳央・松岡美弥子)

企画・製作:舞台「デルフィニア戦記」製作委員会
企画協力:茅田砂胡プロジェクト

【スペック】
カラー128分(本編)/1.主音声:ステレオ/片面2層/16:9 LB