“忠義”の二文字に操られた被虐の歴史…七代の血が訴える、ニッポン武士道の真相!
これぞ必見!世界に類なきサムライ日本の残酷史!!主君の前に悶え散った忠義七つの命!!
中村錦之助と名匠・今井正監督が、南条範夫の原作をもとに日本人に根強く残る武士道精神の系譜を、江戸時代あKら現代までの七代七つのエピソードでえ綴り、血塗られた忠義の歴史を異常残酷なタッチで描いた話題大作。
ある建設会社に勤めるサラリーマン・飯倉進の婚約者・人見杏子が、睡眠薬で自殺を計った。
その知らせを受けた進は、先祖の日記にかかれた世にも残酷な歴史を思い出す。
そこには、己を犠牲にして主君や国家に仕える武家・飯倉家代々の話が記されていた。
主君を庇って切腹した次郎左衛門、侍の忠義を守り割腹自殺した佐治衛門、不義の責任を問われて男根を去勢された久太郎、老中へ愛娘を献上した修蔵、日清戦争で戦死した進吾、第二次世界大戦で特攻隊員の任務を果たした進の兄・修…。
そして今、会社と出世の為、ライバル会社に勤める杏子を利用し、彼女を自殺へと追いやった進。
彼は、自分が飯倉家の残酷な歴史を繰り返そうとしていることに気付き、愕然とした──。
中村錦之助が、江戸時代の武士から現代のサラリーマンまで、七代に亘る飯倉家の主人公に扮して力演する他、有馬稲子、三田佳子、丘さとみら共演陣も好演。
今井監督の冴え渡る演出で、見事、第13回ベルリン映画祭金熊賞を受賞した傑作。
(昭和38年4月公開 東映京都作品)
※この作品には、映像、台詞の一部に現代では不適当と思われる表現もありますが、作品の歴史的価値を重視し、作品完成時の原版のとおり収録してあります。
ご了承ください。
【特典】
■映像特典(フォトギャラリー/予告)■ピクチャーレーベル

【スタッフ&キャスト】
■原作:南条範夫■脚本:鈴木尚之■監督:今井 正■出演:中村錦之助/有馬稲子/森 雅之

【スペック】
モノクロ122分(本編)/ニュープリント・コンポーネントマスター/主音声:モノラル/片面2層/16:9 LB(シネスコ)/S.38年4月公開作品